リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  死亡率を予測する腸内細菌叢プロファイルを発見
2021.7.1 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

死亡率を予測できる腸内細菌を発見した、というフィンランド・トゥルク大学からの研究報告。そのための機械学習アルゴリズムを開発したという。

研究チームは、7,000人以上のフィンランド人成人のデータを解析した。2002年に収集された糞便検体から対象者の腸内細菌叢の組成が分析され、その後2017年までの死亡データを追跡調査した。

人間の微生物叢は非常に個性的で、膨大な量のさまざまな細菌やその他の微生物で構成されている。研究チームは、対象者の死亡記録と糞便検体から回収された数十億の微生物DNA鎖を比較した結果、より短い寿命を予測する細菌を発見した。

さらに、死亡率に有意な関連がある微生物種のデータをスクリーニングする機械学習アルゴリズムを開発したという。

「有害であることが知られている多くの細菌株が、死亡率を予測する腸内細菌の中に含まれる。我々の生活習慣の選択は腸内のそれらの量に影響を与える可能性がある」と研究者はコメントしている。

出典は『ネイチャーコミュニケーション』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  立ち時間を増やすと生活習慣病の予防に?  
  食生活とCOVID-19リスク  
  高脂肪食は肥満に先立ちラットの体内時計を壊す?  
  飲酒頻度・量と消化器がんとの関連  
  心房細動リスクの即時かつ大幅な増加に関連する飲酒  
  腸内細菌とフラボノイドは関連して血圧レベルを改善する?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報