リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  食品着色料用の新しいナチュラルブルー
2021.6.28 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

自然で鮮やかな青色の食品着色料が得られるようになった、という米国カリフォルニア大学デイビス校などによる研究報告。

キャベツから得られた新しいシアンブルーは、広く使用されているFD&CブルーNo.1などの合成青色着色料の代替品になる可能性があるという。

赤キャベツ抽出物に含まれるアントシアニンと呼ばれる成分は、赤と紫の天然食品着色料として広く使われている。青色のアントシアニンを分離しようと世界中の研究者らが協力してきたが、天然の青色アントシアニンは極めて少量しか含まれなかった。

今回研究チームは、キャベツの他のアントシアニンを青色の色素に変換する方法を考え出した。何百万もの可能性のある酵素をスクリーニングし、実験を繰り返した結果をもとに、10の20乗という膨大な数のたんぱく質配列を検索して、高効率で青色色素に変換できる酵素を設計した。

この新たに設計された酵素を使用することで、赤キャベツ抽出物のアントシアニンを新しい青色色素に変換することができたという。

出典は『サイエンスアドバンス』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  栄養アプリには行動変容コンテンツが欠けている?  
  我々の歴史が我々の文法で書かれているとしたらどうだろうか?  
  SNSで一般的ながんの誤情報  
  味と健康が競うとき、味には隠れた利点がある?  
  あなたが望む仕事とあなたが得る仕事  
  甘味飲料税と飲料、高糖食品の購入との関連  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報