リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  減量は食品マーケティングに対する反応を変える?
2021.6.25 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

肥満の人々は肥満手術などで体重が減少すると、食品マーケティングに対する反応性が低下するようだ、というカナダ・ブリティッシュコロンビア大学からの研究報告。

研究チームは、重度肥満患者の肥満外科手術前、3か月後、12カ月の食品マーケティングに対する反応を、他の肥満者、普通体重者と比較した。

食品マーケティングに対する影響の受けやすさの測定には、フレーミング効果の影響などが調べられた。実験のひとつでは、ファストフードのフライドポテトの3つのサイズ(71g、117g、154g)に、量はそのままで「小、中、大」とつけた場合と、「ミニ、小、中」とつけた場合の違いを検討した。

その結果、肥満者は食品マーケティングの影響を受けやすく、実際の内容量に関兼なく常に「中」サイズを選ぶ傾向がみられた。けれども、減量した後は、それがみられなくなったという。

「肥満の人が手術によるホルモン、神経学的、腸内細菌叢など生理学的変化や、ライフスタイルを変えたいという願望の結果からマーケティングへの反応が鈍るのかどうかは明らかではない。嗜好が変化した可能性もある」と研究者はコメントしている。

出典は『消費者心理学雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  立ち時間を増やすと生活習慣病の予防に?  
  食生活とCOVID-19リスク  
  高脂肪食は肥満に先立ちラットの体内時計を壊す?  
  飲酒頻度・量と消化器がんとの関連  
  心房細動リスクの即時かつ大幅な増加に関連する飲酒  
  腸内細菌とフラボノイドは関連して血圧レベルを改善する?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報