リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  ステレオタイプに対抗する科学と舞台芸術
2021.6.17 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

科学と舞台芸術を融合させた取り組みによって、ステレオタイプを減少させることが可能かもしれない、というスペイン・バルセロナ大学などからの研究報告。

ステレオタイプは、我々の世界表象に統合された知識構造であり、我々の決定に影響を与え、変更するのは困難である。

研究チームは、パフォーマンス体験が人々の身体的な病気に対する偏見の減少にどのようにプラスの影響を与えるかを分析した。このパフォーマンス体験は、科学的トレーニングと劇場パフォーマンスを同じ作業プラットフォームで組み合わせた先駆的なものであるという。

本研究は、14 日間の舞台芸術プログラムに参加することで、これらの暗黙の認知バイアスが減少することを示唆している。

先行研究では、ステレオタイプが派生してくる表象構造には順応性があるが、介入によって変化を達成するのは困難であることが示されている。

「認知神経科学の研究は、記憶(または表象構造)が脳内で効率的に再活性化する場合、変更される可能性があることを示している。また、記憶が感情的な文脈と関連している場合、再活性化による変化を増加させる可能性がある」と、コーディネーターのルイス・フェンテミラは語っている。

「その一方で、我々があたかも彼らであるかのようにシミュレートすることができれば、人々は他者がどのようであるかを理解し統合する傾向があることも知っている」

エピカ財団は、これらの要素を備えたパフォーマンス体験を設計した。激しい感情の文脈で開発された舞台芸術を通じて、概念を芸術的にシミュレートした。

参加者は16 人のアマチュアで、いくつかの病気について演劇の準備をしなければならなかった。この目的のために、2 週間にわたって、「ドイツのトリアス・イ・プジョール研究所 (IGTP) 」のがんと変性疾患の専門家からアドバイスを受けた。研究者との交流の後、彼らは変性疾患患者の日常生活や介護者の生活をシミュレートした。活動は、300人を超える前での公演で終了した。

このプログラムの結果、参加者のステレオタイプが減少したことが、暗黙の関連付けテスト(IAT)で示されたという。この減少は、同じ年齢、性別、教育レベルの人々に対して実施された2つの対照実験では発生しなかった。対照実験の1つでは、参加者は同じ科学的および医学的情報を受け取ったが、パフォーマンス体験はなかった。

「実際のパフォーマンス活動によって提供された経験が、病気の人々に対する否定的なステレオタイプを減らすために不可欠であったことを示している」と研究者は述べている。

(写真の説明:EpicaFoundation-laFuradels Bausは、俳優と科学者が相互作用して新しい知識を生み出す実験的なプラットフォームを設計しました。(c)Epica Foundation)

出典は『心理学の最前線』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  栄養アプリには行動変容コンテンツが欠けている?  
  我々の歴史が我々の文法で書かれているとしたらどうだろうか?  
  SNSで一般的ながんの誤情報  
  味と健康が競うとき、味には隠れた利点がある?  
  あなたが望む仕事とあなたが得る仕事  
  甘味飲料税と飲料、高糖食品の購入との関連  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報