リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  女性のメンタルヘルス、食生活と強く関連か
2021.6.15 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

女性の精神的健康状態は男性よりも食事の要因との関連性が強い可能性が高いようだ。ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の研究。

研究者のベグダシュ准教授はこれまでに、質の高い食事がメンタルヘルスを改善することを示唆する、食事と心の状態に関する研究を発表している。今回は、食事のカスタマイズが心的状態を改善するかどうかを調べたいと考え、30歳以上の男女1,209名を対象に調査を行った。

対象者の精神的苦痛に関連するさまざまな食品グループを分析し、運動の頻度と精神的苦痛に関連するさまざまな食事パターンを研究した。結果は、女性のメンタルヘルスは男性よりも食事要因との関連が強いことを示唆していた。精神的苦痛と運動の頻度は、さまざまな食事とライフスタイルのパターンと関連しており、精神的な健康を改善するためには食事とライフスタイルの要因をカスタマイズするという概念を支持するものだ。

「健康的な食生活、運動、精神的健康の間には、全般的に関係があることがわかりました」とベグダシュ准教授は述べている。「興味深いことに、不健康な食事パターンでは、精神的苦痛のレベルが男性よりも女性の方が高いことがわかりました。これにより、女性は男性より不健康な食事の影響を受けやすいことが確認されました」。

この研究をはじめとする複数の研究に基づくと、食事と運動は、成熟した女性の精神的苦痛に対する最初の防波堤となる可能性がある、と准教授。

「ファストフード、朝食抜き、カフェイン、高グリセミック食品はすべて、成熟した女性の精神的苦痛に関連しています。果物と濃い緑の葉物野菜は、精神的健康に関連しています。この研究からさらに私たちが学んだのは、高グリセミック食品やファストフードと精神的苦痛との負の関連性が運動によって大幅に緩和された、ということです」。

出典は『個別化医療雑誌』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  植物主体の食事はラットを妊娠高血圧から保護  
  食事が乳房の微生物叢を変化させ乳がんリスクに影響を与える?  
  ストレスを軽減すればファストフードが減る?  
  骨粗鬆症と低骨密度の女性は難聴のリスクが高まる?  
  長期的なグルテン摂取は女性の認知機能に影響しない?  
  女性の睡眠障害の増加に関連するウェイトサイクリング  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報