リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  食事が乳房の微生物叢を変化させ乳がんリスクに影響を与える?
2021.6.9 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

乳房の微生物叢は腸内のそれと同様に食事よって影響を受けるようだ。米国ウェイクフォレスト医科大学からの研究報告。

ヒトの体内の微生物叢は腸内だけでなく、乳房の微生物叢もあり、乳房の健康と乳がんにおいてそれが果たす役割は完全には理解されていない。

研究チームは、マウスを用いた動物実験で、魚油のサプリメントを含む食事が、乳房の微生物叢だけでなく、乳がん腫瘍も変化させる可能性があることを示した。

乳がんにかかりやすいマウスに高脂肪または低脂肪の飼料を与えたところ、高脂肪食を摂取したマウスは、低脂肪食を摂取したグループよりも腫瘍の発生が早く、腫瘍が大きくなったという。

次に、微生物叢を研究するために、研究チームは糞便移植を行った。低脂肪食を摂取するマウスは高脂肪食を摂取するマウスの微生物叢の移植を受け、高脂肪食を摂取するマウスは低脂肪食を摂取するマウスの微生物叢の移植を受けた。驚くべきことに、低脂肪食を摂取し、高脂肪食を摂取したマウスから微生物叢の移植を受けたマウスには、高脂肪食を摂取したマウスと同じ数の乳房腫瘍がみられたという。

さらに研究チームは、乳がん患者13名を対象とした二重盲検プラセボ対照臨床試験も実施した。患者は、乳腺腫瘤摘出術または乳房切除術の約 2-4週間前に、プラセボまたは魚油のサプリメントを摂取した。

その結果、魚油の補給によって、非がん性および悪性乳房組織の両方で乳房微生物叢が有意に変化したことが示されたという。4週間の魚油サプリの摂取によって、腫瘍に隣接する正常組織においてラクトバチルスの増加が観察された。動物モデルではラクトバチルスは乳がん腫瘍細胞の増殖を抑えるので抗がん効果が期待できるかもしれないという。バクテロイデスとルミノコッカスの増加も観察された。

「この研究は、腸と乳房の微生物叢を形成する上で食事が重要な役割を果たしているという追加の証拠を提供している」と主任研究者のキャサリン・クック助教授はコメントしている。

出典は『がん研究』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  植物主体の食事はラットを妊娠高血圧から保護  
  女性のメンタルヘルス、食生活と強く関連か  
  ストレスを軽減すればファストフードが減る?  
  骨粗鬆症と低骨密度の女性は難聴のリスクが高まる?  
  長期的なグルテン摂取は女性の認知機能に影響しない?  
  女性の睡眠障害の増加に関連するウェイトサイクリング  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報