リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  果物を含む食事は糖尿病リスクを下げる?
2021.6.4 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

1日2サービングの果物を摂取する人は、0.5サービング未満しか摂取しない人に比べて、2型糖尿病を発症する確率が36%低いようだ、という豪州エディスコーワン大学からの研究報告。

「1日あたり約2サービングの果物を摂取する人々は、1日あたり0.5サービング未満の果物を摂取する人々よりも、その後5年間で2型糖尿病を発症するリスクが36%低いことがわかった」と筆頭研究者の二コラ・ボンドンノ博士は語っている。「フルーツジュースには同じ効果は見られなかった。これらの調査結果は、ホールの果物の摂取を含む健康的な食事と生活習慣が、糖尿病のリスクを下げるための優れた戦略であることを示している。」

研究チームは、ベイカー心臓・糖尿病研究所の豪州糖尿病、肥満、生活習慣研究に参加した7,675人からのデータを解析した結果、ホールの果物を食べた参加者は、5年後に糖尿病になる確率が36%低いことを発見した。また、より多くの果物を摂取した人は、血糖値を下げるためのインスリンの分泌が少なかったことが、果物の摂取量とインスリン感受性マーカーの関連から明らかになったという。

「高レベルの血中インスリン(高インスリン血症)は血管に損傷を与える可能性があり、糖尿病だけでなく、高血圧、肥満、心臓病にも関連しているため、これは重要であろう」とボンドンノ博士は語っている。

出典は『臨床内分泌学・代謝雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ジャンクフードダイエットは、トラック運転手の危険運転のリスクを高める?  
  魚油が豊富な植物油の少ない食事で片頭痛を減らせる  
  研究はマウスの高脂肪食と結腸がんの新しい関係を示唆  
  遺伝子は生殖年齢に重要な役割を果たす?  
  カロリー制限は細菌叢を変え、体重減少を促進する?  
  死亡率を予測する腸内細菌叢プロファイルを発見  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報