リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  緑茶化合物が腫瘍抑制因子p53の機能を助ける
2021.2.16 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

緑茶に含まれるエピガロカテキンガレート(EGCG)が、腫瘍抑制因子であるp53のレベルを上昇させる可能性がある、という米国レンセラー工科大学からの研究報告。

p53には様々な抗がん作用があるが、通常細胞内でN末端ドメインがMDM2と呼ばれるたんぱく質と相互作用を起こして急速に分解され、細胞内でのレベルは低く保たれる。

今回研究チームは、EGCGが、p53のN末端ドメインの同じ場所に結合して、p53が分解されるのを防ぐ効果があることを、表面プラズモン共鳴と核磁気共鳴による解析によって発見したという。

「EGCGとMDM2は、どちらもp53のN末端ドメインに競合的に作用する。EGCGがp53と結合すると、p53はMDM2と結合できず分解されなくなる。つまりEGCGとの直接的な相互作用によってp53レベルが高まり、抗がん作用が上昇するのである。これは極めて重要な相互作用である」と主任研究者の王春雨教授は説明している。

「がんやアルツハイマー病などの壊滅的な病気に関連する重要な生化学的相互作用を制御する分子レベルのメカニズムの理解を深めることにより、王教授の研究は新しくかつうまくいきそうな治療法の基礎を提供している」とレンセラー工科大学理科学部の学部長であるカート・ブレネマンはコメントしている。

出典は『ネイチャーコミュニケーション』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ライフスタイル介入は、2型糖尿病の殆どの患者に有益だが、全員ではない  
  アレルギー反応を起こすピーナッツの量はどれくらい?  
  中年期の運動と健康的な食事が後年の健康低下を防ぐ可能性がある?  
  体重を維持するだけでは大腸がんの生存者は救われない?  
  超加工食品はあなたの心を壊しています?  
  高血糖と筋肉損失を逆転させる方法を同定  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報