リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  植物性の低脂肪食と動物性の低炭水化物食の比較:臨床試験
2021.1.25 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

低脂肪植物ベースの食事をする人々は、低炭水化物動物ベースの食事をする人々に比べて、1日あたりの摂取カロリーが少なめだが、血中インスリンと血糖値は高めであった、という米国NIH/国立糖尿病・消化器・腎疾病研究所からの臨床試験の結果報告。

研究チームは、NIH臨床センターの代謝臨床研究ユニットにて、糖尿病のない20名の成人(男性11名、女性9名)を対象に4週間にわたって介入研究を実施した。ランダムに2群に振り分けられ、植物ベースの低脂肪食または動物ベースの低炭水化物食のいずれかを2週間継続し、その後すぐにもう一方の食事を2週間継続した。

低脂肪食は炭水化物が多く、低炭水化物食は脂肪が多かった。どちらの食事も最小限の加工度で、非でんぷん質の野菜が同量含まれていた。参加者は、三食+スナックを提供され、望めばより多く食べることができた。

解析の結果、低脂肪食群の参加者は、低炭水化物群の参加者に比べて、1日あたりの摂取量が550−700kcal少なかったことが明らかになった。このように大きなカロリー摂取量の違いにも関わらず、空腹感、食事を楽しんだか、満腹感については両群で報告に差がみられなかったという。

どちらの食事においても参加者は体重を減らした。けれども、低脂肪食群の方が有意に体脂肪を減らしたという。

植物ベースの低脂肪食にはエネルギー比率で、脂肪10.3%、炭水化物75.2%が含まれていた。動物ベースの低炭水化物食には、炭水化物10%、脂肪75.8%が含まれていた。どちらの食事も14%のたんぱく質を含み、総カロリー数は同じだったが、食事1gあたりでは、低炭水化物食は、低脂肪食の2倍のカロリーを含んでいた。

低脂肪メニューの例としては、焼き芋(Baked sweet potetp)、ヒヨコマメ、ブロッコリ、オレンジなどを含み、低炭水化物メニューの例としては、カリフラワー米付きの牛肉炒めなどであった。

「興味深いことに、我々の調査結果は、少なくとも短期的には両方の食事にメリットがあることを示唆している。低脂肪の植物ベースの食事は食欲を抑えるのに役立つが、動物ベースの低炭水化物食は、より低くより安定したインスリンと血糖値をもたらした。これらの違いが長期にわたって継続するかどうかはわからない」と研究者はコメントしている。

出典は『ネイチャー医学』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  私たちの何人かがいつも空腹である理由  
  深夜のおやつが職場のパフォーマンスに悪影響を及ぼす可能性  
  加工肉が死亡と心血管系疾患のリスクが高いことに関連  
  健康と福祉の向上のために「食糧安全保障」から「栄養安全保障」に移行する時  
  魚油の効果はあなたの遺伝子型に依存する?  
  完全菜食で骨は弱くなる?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報