リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  植物ベースの食事は代謝を高める?
2020.12.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

植物ベースの食事を16週間継続した結果、食後の体内のカロリー燃焼が、18.7%上昇した、という米国の責任ある医療のための医師の会などによるランダム化比較試験の結果報告。

研究チームは、244名の肥満者(25-75歳、BMI28-40)をランダムに2群に分け、介入群には低脂肪ビーガン(厳密菜食主義)食を、対照群には食事を変えないように求め、16週間にわたる介入研究を実施した。

その結果、対照群の体重はほとんど変化がなかったが、介入群では平均6.4kgの体重減少がみられただけでなく、X線骨密度測定装置(DXA)で測定した体脂肪量、内臓脂肪上の大幅な減少が観察されたという。

また、標準的な流動食(720kcal)摂取後に間接熱量測定で測られたカロリー燃焼が、平均18.7%上昇した。

「これらの発見は、太りすぎや肥満に苦しんでいる1億6000万人のアメリカ人にとって画期的なものだ。何年も何十年もの間、毎食後により多くのカロリーを燃焼することは、体重管理に大きな違いをもたらす可能性があるのだから」と筆頭研究者のハナ・カレオバ医師はコメントしている。

出典は『JAMAネットワークオープン』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ビタミン剤は殆どの米国人にとって「お金の無駄」?  
  アミノ酸、不足も過剰も肝細胞に影響  
  警告ラベルはメニューに隠された砂糖の識別に役立つかも?  
  超加工食品は有害か? 専門家が証拠を比較検討する  
  マメ科植物が豊富なビーガン食は減量に有効?  
  砂糖入りでも?! コーヒーで死亡リスク減  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報