リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  スクリーン時間が長いと食事の質が低下する?
2020.10.23 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

TV、スマホ、PCなどを合わせたスクリーン時間が多い人は、食事の質が低い傾向が高いようだ、という米国アリゾナ州立大学からの研究報告。

研究チームは、アマゾンメカニカルターク社が販売しているQualtricsを用いて、900人以上の米国成人の複数のデバイス(TV、PC、スマホ)に跨るスクリーン時間、食習慣、睡眠時間と質、自覚的なストレス、自覚的な健康状態、身体活動、BMIを調査した。

対象者をスクリーン時間によって、重度、中度、軽度に分類したところ、全スクリーン時間が1日平均17.5時間に及ぶ重度使用者は、中度・軽度(各々、平均11.3時間と7時間)の使用者に比べて、もっとも健康的でない食事パターンと、最低の健康関連指標を示す傾向が高かったという。

デバイスの種類によって食事パターンには違いがみられ、TVとスマホの重度使用者は、TV接続デバイス、ラップトップ、タブレットの重度使用者に比べて、より健康的でない食事パターンを示した。

また、ファストフードの摂取が多い、TVを観ながら家族の食事をするといったより健康的でない食習慣がみられたという。

さらに、スマホの重度使用者は、睡眠の質が最も低かったという。

「スクリーン時間と健康的な食事の関係を調べる時、もはやTVだけに集中することはできないかもしない。スマホはいまやもうひとつの本当に重要な要素かもしれないのだ」と主任研究者のクリス・ウォートン教授はコメントしている。

出典は『BMC公衆衛生』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ココアを飲むことであなたは賢くなりますか?  
  甘いものは食欲を低下させる?  
  肉を食べない人、骨折リスク上昇のおそれ  
  高たんぱく質の食事が健康体重を維持するカギ?  
  牡蠣とシャンパンが相性抜群である理由  
  菜食主義で不足しがち「ヨウ素」  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報