リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  時間制限のある食事が減量に及ぼす影響
2020.10.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

1日8時間以内にだけ食事をする、いわゆる時間制限ダイエットは、通常のダイエットに比べて、統計的に有意な効果をもたないようだ、という米国カリフォルニア大学からの研究報告。

研究チームは、18-43歳で、BMIが27-43(過体重から重度肥満に相当)の男女116名を対象に、ランダムに2群に分け、12週間の介入試験を実施した。1群(対照群)には1日3回の食事を、別の1群(時間制限群)には、昼の12時から夜8時までを自由摂食時間とし、夜8時から翌昼12時まではカロリーのあるものの摂取を禁じた。

その結果、時間制限群は平均-0.94kgの有意な減量がみられたが、対照群は平均-0.68kgの有意でない減量しかみられなかった。また、両群間の減量の差は、-0.26kgであり、これも有意差はみられなかったという。

時間制限ダイエットは、通常の1日3回食べるダイエットに比べて、減量により効果的であるということはできない、と研究チームは結論付けた。

出典は『JAMA内科学』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ココアを飲むことであなたは賢くなりますか?  
  甘いものは食欲を低下させる?  
  肉を食べない人、骨折リスク上昇のおそれ  
  高たんぱく質の食事が健康体重を維持するカギ?  
  牡蠣とシャンパンが相性抜群である理由  
  菜食主義で不足しがち「ヨウ素」  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報