リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[休養]  腸内細菌叢が睡眠調節に重要な役割を果たす?
2020.10.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)によって腸内細菌叢に変化が起こり、それが睡眠調節に重要な役割を果たしているかもしれない、という米国ミズーリ大学の動物実験の報告。

研究チームは、雄のマウスを、室内空気(対照)または、断続的な低酸素状態に置くことで、実験的にOSAマウスを作り出した。6週間後、各々のマウスの糞便を採取し、他方のマウスに移植して、3日間の睡眠状態を記録した。

その結果、OSAマウスの糞便を移植されたマウスは、通常の覚醒期間中により長く、より頻繁に眠るようになったという。これは眠気が増加したことを示唆している。

「本研究結果は、OSAに曝露したマウスの糞便細菌叢を移植された通常マウスの睡眠について評価した初めての研究である。OSAによって、腸内細菌叢が変化したことが示唆された」と研究者はコメントしている。

出典は『実験神経学』。 (論文要旨)      
 「休養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  テレビの自然番組は幸福感を高める  
  睡眠不足は怒りを増幅  
  コーヒーと仮眠を夜勤の味方にする方法  
  睡眠が少ないと肯定的な感情が減ります  
  身体活動は睡眠時無呼吸リスクの低下と関連?  
  どうして昼休みを取るのに罪悪感を感じるのか?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報