リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  実は多い、肥満者の「隠れ栄養失調」
2020.9.30 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

栄養失調というと低体重の人を想像しがちだが、実際、約半数は過体重または肥満の人だという。栄養失調は急性冠動脈疾患の主因であることも判明しており、BMIの高い人の栄養状態について視点を変えて見る必要がありそうだ。米国心臓学会誌の論説。

栄養失調とは、栄養素の摂取が不十分または不均衡であるために栄養上の欠点がある状態と定義されている。主に低体重の人に影響を与える病気という誤った認識が広がっているが、急性冠状動脈疾患(ACD)についての最近の研究では、栄養失調がこの病気の重要な根本的要因であることが判明した。実際、栄養失調の人の約半数は過体重または肥満だったという。

著者のひとり、ナショナルジューイッシュヘルスのフリーマン医学博士は、次のように話している。「BMIの高い患者における栄養失調は、ほとんど認識されておらず、治療も不十分な状態です。胴回りの大きいことは、低栄養というより過剰栄養と勘違いされることがあまりにも多いのです。体重は食品の質と相関関係があり、肥満の患者は栄養失調のリスクがないという考えを払拭することが重要です」。

ACD研究は、肥満者における栄養失調の有病率と、それが深刻な合併症にどう関与するかを強調する最新の証拠だ。実際、栄養失調は低体重者に比べて4倍もの過体重者・肥満者に影響を及ぼしていると世界保健機関が報告している。

「各人が栄養アセスメントを受け、体に十分な"燃料"を供給するために適切な栄養素を摂取していることを確認するためのカウンセリングとリソースを提供することが不可欠です」とフリーマン博士。「治療せずに放置すると、栄養失調は糖尿病、高血圧、心臓病などの深刻な健康状態につながります」。

心血管疾患を軽減または回復させるためには適切な食習慣、ならびに身体活動、そしてストレス解消、マインドフルネス、質の高い睡眠などのセルフケアの実践が必要であり、これらは最も費用対効果が高く強力なツールであるとし、これらの実践を医師をはじめとする専門家が高度な知識をもってサポートすべきとしている。

出典は『米国心臓学会誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  植物性オメガ-3系脂肪酸の摂取が死亡リスクを下げる?  
  中年期の鉄欠乏は、心臓病の高い発症リスクに関連?  
  ケトンサプリが肥満者の脳機能を高めるかもしれない?  
  脂肪酸摂取量の調整は双極性障害の改善に役立つかもしれない  
  人工甘味料で腸内細菌叢が混乱?  
  心配しないで、健康になりましょう:ストレス解消テクニックはより健康的な行動につながる  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報