リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  握力で2型糖尿病リスクの高い人がわかる?
2020.9.15 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

簡単な握力検査が、2型糖尿病リスクの高い者を同定する助けになるかもしれない、という英国ブリストル大学とフィンランド・東部フィンランド大学からの研究報告。

研究チームは、60-72歳の776名の男女を対象に握力を測定し、その後20年以上にわたって2型糖尿病の発症を追跡調査した。

その結果、握力の測定値が1単位増すごとに、2型糖尿病の発症リスクが約50%低下することが明らかになったという。この関係は、2型糖尿病と加齢の間で良く知られた幾つかのリスク因子(2型糖尿病の家族歴、身体活動、喫煙、高血圧、腹囲、空腹時血糖)を調整後もみられたという。

これらのリスク因子に、握力の情報を加えることで、2型糖尿病の発症予測精度が改善されるだろう、と研究チームはみている。

また、性別で見ると、男性に比べて女性でより顕著であることから、女性はこの潜在的なスクリーニングツールの使用からより多くの恩恵を受ける可能性が高いだろうという。

「今回の結果はフィンランドの集団のものであるが、参加者が少ないので、今後より大規模な集団での研究を提案したい」と主任研究者で東部フィンランド大学のヤーリ・ラウカネン教授はコメントしている。

出典は『医学年報』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ヨガ、太極拳、瞑想は退役軍人にメリット  
  誰が運動と行動療法の恩恵を受けることができますか?  
  散歩よりも徒歩通勤のほうがよい理由  
  つながりがフィットネスアプリの魅力を高める  
  スポーツは男性の減量に役立つ?  
  夏の暑さの中でハイキングするときに水分補給が非常に重要である理由  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報