リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  「イートウェルガイド」は早死リスクを軽減し環境フットプリントを下げる?
2020.9.11 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

英国政府が推奨する食事法には、健康と環境への利点があるようだ、というロンドン大学衛生熱帯医学大学院とオックスフォード大学による研究報告。

3つの主要な英国データベース(UKバイオバンク、EPICオックスフォード、ミリオンウーマンスタディ)のデータを解析した結果、ガイドラインに記載されている5つ以上の推奨事項を順守した人々は、死亡リスクが推定7%減少したことがわかったという。中でも、果物と野菜の摂取が、単独で推定10%と最大の減少を示すことが明らかになった。

さらに、この調査では、イートウェルガイドの推奨事項に従うことで、気候変動の最大の要因の1つである温室効果ガスの排出量を削減できることが示された。推奨事項のうち5つから9つを遵守した食事は、1日あたりのCO2排出量が1.6 kg少なく、評価された9つの推奨事項のうち最大2つを遵守した食事の1日の平均CO2排出量と比較して30%削減された。

ただし、英国の国民食事・栄養調査のデータでは、9つのガイドラインすべてを遵守した人は0.1%未満だった。大半の人(44%)が推奨事項の3つまたは4つに従っていたが、食物繊維と油性魚の摂取は最も一般的ではないカテゴリーだったという。

出典は『BMJオープン』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  焼き肉は心臓に良くないかもしれない  
  野菜を食べるのは簡単なことではない?  
  過剰な果糖が腸管漏出によって脂肪肝を起こす?  
  「全粒粉」表示、誤解する人は半数近く  
  ケトン食やプチ断食、その効果とリスク  
  パスタを食べる人の食事の質は高い?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報