リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  減量リバウンドを防ぐ自己糞便マイクロバイオーム!?
2020.9.10 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

自分の糞便から調製した凍結細菌カプセルを食事と共に摂取すると、体重のリバウンドが制限されるようだ、というイスラエルのネゲヴ・ベン=グリオン大学から興味深い研究結果が発表された。

研究チームは、6か月におよぶ3種類のダイエット(健康な食事ガイドライン食、地中海食、緑の地中海食)介入試験で体重を減らしたイスラエル人参加者90名を対象に、糞便を採取して凍結細菌カプセルを調製した。その後、対象者はランダムに2群に分けられ、6か月にわたって、凍結細菌カプセルまたはプラセボカプセルを100個受け取り定期的に摂取した。

その結果、緑の地中海食群でのみ、プラセボ群が減量の50%をリバウンドしたのにたいし、凍結細菌カプセル群はわずか17.1%のリバウンドに留まったという。他のダイエットをした者には効果がみられなかった。

緑の地中海食は、アオウキクサの一種であるMankaiのシェイクや緑茶、クルミなどを含み腸内細菌叢を有意に変化させるのだという。

「本研究は、理想的な腸内細菌叢の保持が、代謝効果を持続させられることを示すヒトにおける初めてのエビデンスである」と研究者はコメントしている。

出典は『胃腸病学』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  定期的な飲酒は2型糖尿病患者の高血圧リスクを高める  
  アクティブな生活習慣が慢性腎臓病リスクを低減  
  歌はCOVID-19を拡散する?  
  腸内バクテリオファージがマウスのがん治療効果を変化させる  
  ロシアのワクチン候補、抗体反応を確認  
  減量のための介入が肥満関連がんリスクを下げる?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報