リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  母乳と赤ちゃんの免疫力をつなぐメカニズムを発見
2020.9.3 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

母乳は乳児の免疫力を強化し、良好な腸内細菌叢の形成を手助けをすることは知られているが、不明であったその分子メカニズムがついに発見された。母乳に含まれる「アラーミン」と呼ばれるたんぱく質が関与しているという。独ボン大学などの研究。

アラーミンは危険信号分子とも呼ばれ、細菌感染や傷害などの危険を速やかに伝達し、免疫系を活性化する起炎因子の総称だ。

「アラーミンは母乳に含まれる『金』といえます。これらのたんぱく質は、敗血症や腸の炎症につながる危険な腸内コロニー形成障害を予防します」とハノーバー医科大学のヴィーマン教授博士は述べている。

生後の腸の免疫システム、つまり腸内細菌叢と腸粘膜は、環境内の細菌との相互作用を通じて成熟する。そして、生涯続く最適な細菌の多様性を生み出し、多くの病気に対する保護を提供する。「アラーミンはこの適合プロセスを制御します」と、ヴィーマン教授は説明している。彼女は、これらのペプチドとたんぱく質はいずれも母乳に由来し、子供の腸管でも産生することを明らかにしている。帝王切開により生まれた乳児は、経膣分娩で生まれた乳児よりもアラーミンが少ないため、分娩法がこれに関与する。さらに、早産児は正期産児よりもアラーミンの産生能力が低い。したがって、そのような人は、慢性炎症性疾患を患う傾向がより強い。

マウスを用いた実験で、アラーミンの単回投与により、コロニー形成不良および関連する疾患に対する保護が得られたことから、ヴィーマン教授は次のように話している。

「これらのたんぱく質の補給は、十分なアラーミンを産生できなかったり、母乳で十分に得られない新生児の発達をサポートする可能性があります。また、慢性的な腸の炎症や肥満などの腸のコロニー形成障害に関連する一連の長期的な状態を防ぐことができます」。

出典は『胃腸病学』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  秋生まれの赤ちゃんはアレルギー高リスク  
  乳児の腸内細菌叢に母乳の栄養素が及ぼす影響  
  妊娠中の高フルクトース食は子どもの代謝に影響する  
  母乳ベースの強化剤は未熟児のアウトカムを改善  
  子どもはサイレント・スプレッダー?  
  NISTは、母乳中の未知の化合物の特定に役立つデータベースを拡張  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報