リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  料理の間に1メートルを追加すると野菜の魅力が高まる?
2020.9.1 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

学食で料理を並べる時、ベジタリアン食と肉料理の間に1メートル以上の距離を置くことで、ベジタリアン食の選択を増やすことができるようだ、という英国ケンブリッジ大学からの研究報告。

肉に偏った食事は我々の健康リスクというだけでなく、地球環境にもやさしくない。畜産業が環境破壊や温暖化ガスの排出を増加させるためである。これを解決するために、ケンブリッジ大学の自然保護主義者らは、人々により多くの植物を食べ、肉を減らさせる「ナッジング」の方法を検討したという。

研究チームは、ケンブリッジ大学の2つのカフェテリアで実験を行った。2年にわたって105,143食分のデータを収集、解析した。この間、チームは、肉とベジタリアンの料理の置き場所を毎週変更し、さらに毎月そのパターンも変更し続けたという。

このデータ数は前例のない大規模なものであるという。肉の摂取を減少させるための「選択アーキテクチャ(構造)」に関する先行研究のレビューからは、すべてを合わせても11,290件にしかならなかった。

実験の結果、研究チームは、カレッジのひとつでは、入口付近に肉でなくベジタリアンの皿を置いても、野菜の摂取は増えないことを発見したが、別のカレッジでは、週単位の分析で、野菜料理の選択が25.2%増加し、月単位の分析では39.6%の増加も観察されたという。

カフェテリアの違いは、ベジタリアンと肉の皿の間に、1メートルの距離を追加したことだけだった。最初のカレッジでは、その間は85cmだけだったが、二番目のカレッジでは181cm開いていたのだという。

「肉や乳製品の消費量を減らすことは、気候、環境、その他の種を保護するために私たちが行うことができる最も単純で最も影響力のある選択肢の1つである」と筆頭研究者のエマ・ガーネットは語っている。

確認のため、研究チームは、2つ目のカフェテリアでベジタリアンと肉の皿の距離を67cmに縮めてみたところ、野菜の売り上げは急激に減少したという。肉が先に置かれている場合よりも売り上げは低かった。

「すべてのカフェテリアとレストランは、人々を何かに引き寄せるデザインを持っている。そこで、最も健康的で持続可能な食品選択を、考えずに最も簡単に選択できるようなデザインにすることが賢明であろう」とガーネットはコメントしている。

出典は『ネイチャー食品』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ビタミンD:高用量のサプリ摂取は不要  
  スクリーン時間が長いと食事の質が低下する?  
  果糖の過剰摂取、行動障害リスクに?  
  時間制限のある食事が減量に及ぼす影響  
  過去20年、米国では加糖飲料の大量消費が減少  
  「パッケージ前面」の栄養表示は栄養の質を改善?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報