リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  高齢者の身体活動には彼らにあった指標が必要かも
2020.7.15 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

高齢になると動き回る能力が低下する可能性が高いので、高齢者の身体活動を評価する時に考慮する必要がある、というフィンランド・ユヴァスキュラ大学からの研究報告。

身体活動能力を改善するためには通常の運動レベル以上の定期的な運動が必要である。身体はパフォーマンスを改善することで、新たなレベルの運動に適応する。市場に出回る多くの身体活動量計は、身体活動が低下した高齢者ではなく、活動的な若者や中年のために開発されてきた。したがって、活動量計は、高齢者の身体活動を過小評価する可能性が高い。

研究チームは、大規模AGNES研究の一部として、75歳、80歳、85歳の444名を対象に、6分間歩行試験において、好まれる歩行速度を測定した。加えて参加者に身体活動量計を装着して日常生活を送ってもらった。

「参加者の好む歩行速度を測定によって、通常の運動レベルや快適なゾーンを超えたより激しい運動をした時間を評価することができた」と筆頭研究者のラウラ・カラヴィルタ博士は述べている。

参加者は、好みの歩行速度を超える活動強度の身体活動を、平均して1日トータル62分間行っていることが明らかになった。興味深い事は、75-85歳で年齢による違いがみられなかったことだという。

出典は『老年医学雑誌シリーズA』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  朝の身体活動が、がん予防に最も有益?  
  立っているだけでも健康に良い効果!?  
  運動強度は、高齢者の死亡リスクに影響を及ぼさない?  
  スポーツサプリメントを使うアスリートはドーピングに対して肯定的になる?  
  COVID-19は我々をソファに釘付けにした?  
  女子の課外スポーツに健康効果。男子にはなし?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報