リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[運動]  音楽に合わせて共に身体を動かすと親密さが増す
2020.7.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

音楽に合わせて他人と共に身体を動かすと、同期した動きが社会的親密さを増すようだ、というデンマーク・オーフス大学からの研究報告。

社会的絆を築くことは、私たちの健康と福祉にとって不可欠である。今回、研究者らは、音楽が社会的絆のユニークな背景を提供することを示した。

『サイエンティフィックレポート』誌に発表された調査結果は、音楽と一緒に動くとき、人間同士の同期した運動によって社会的親密さが増すことを示唆している。

「人々がコンサートやミュージッククラブで一緒に動く様には、なにか荘厳で愛情深いものがある。人々がダンスで同期して動いているのを見るだけでも、あるいは共に音楽を作るときにも、調和と提携が感じられる。ある友人はこの論文についてただ次のようにコメントした。『わたしの最良の友達は世界中のダンスパーティと電子音楽フェスティバルで会った人たちよ』」と筆頭著者のジャン・スチュパッチャー氏は述べている。

研究チームは、音楽に対する文化的な親密さと個人的な音楽の好みが、他人と同期して、あるいは同期せずに動くときに社会的結合にどう影響するかを知りたかったという。

そこで、オンラインビデオパラダイムを作成し世界中の参加者についてこの効果を検討した。3つの実験が実施された結果、同期された動きの社会的結合に及ぼす影響は、慣れ親しんだ音楽であることによって低下し、楽しめる音楽であることによって上昇したという。

文脈を提供する音楽がより楽しまれるとき、同期したパートナーとの社会的親密さはより強固になり、同期していないパートナーとのそれは弱かった。この相互作用は、音楽の親しみやすさでは発生しなかった。音楽親しみやすいほど、社会的親密さは、動きの同期とは無関係に高くなったという。

出典は『サイエンティフィックレポート』。 (論文要旨)      
 「運動」 カテゴリ 最近の注目トピック
  朝の身体活動が、がん予防に最も有益?  
  立っているだけでも健康に良い効果!?  
  運動強度は、高齢者の死亡リスクに影響を及ぼさない?  
  スポーツサプリメントを使うアスリートはドーピングに対して肯定的になる?  
  COVID-19は我々をソファに釘付けにした?  
  女子の課外スポーツに健康効果。男子にはなし?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報