リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  所得格差の大きい州ではCOVID-19による死亡数が多い
2020.7.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

米国において、所得格差が最も大きい州では、格差が小さい州に比べてCOVID-19に関連する死亡者数が多いことが明らかとなった。カルフォルニア大学ロサンゼルス校からの報告。

所得格差の最も大きいニューヨーク州での研究対象期間中の死亡率は10万人あたり51.7人で、格差の最も小さいユタ州における10万人あたり0.41人のおよそ125倍にのぼった。ニューヨーク州についで死亡率が高かったルイジアナ州では10万人あたり19人で、コネチカット州が10万人あたり16.9人と続いた。一方、ユタ州についで死亡率が低かったサウスダコタ州では10万人あたり0.7人で、ノースダコタ州が10万人あたり1人でこれに続いた。

研究背景
COVID-19のパンデミックが続く中、ニューヨークやシカゴのデータでは、アフリカ系アメリカ人やヒスパニックでは高い感染率および死亡率が観測されている。これらのグループは多くが低所得で医療へのアクセスが十分でなく、社会的距離の維持が難しいエッセンシャルワーカーとして働き、感染リスクの高い大家族で生活している。

研究方法
研究者らは2020年1月22日から4月13日まで対象とし、ジョンズ・ホプキンス大学システム化学工学センターが運用するCOVID-19ダッシュボードに記録されている症例数と死亡数のデータを解析に用いた。各州の所得格差のデータは、2018年の全米コミュニティ調査における所得分布を示す統計的指標のジニ係数を使用した。

研究者らは、全国規模の調査データの弱みとして、合併症の影響などの格差とCOVID-19感染との間にある関係性を見逃している可能性を指摘している。

この調査は、いくつかの州が他の州と比較してCOVID-19による死者が多い理由が、格差などの社会的要因によって説明できる可能性を示唆している。この調査結果は、社会経済的弱者におけるパンデミックの影響を緩和するための政策策定のために役立てられる、と考えられている。

出典は『一般内科学雑誌』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  肥満リスクと疾病保護に関係する62の遺伝子を同定  
  レギュラーコーヒーの摂取は心不全リスクの低下に関連?  
  健康な生活習慣がどのようにコレステロールを改善するか  
  マスク内の湿気がコロナ重症化を防ぐ?  
  心血管系リスクは脳代謝の低下と関連?  
  緑茶化合物が腫瘍抑制因子p53の機能を助ける  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報