リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  肥満と認知症リスクの上昇
2020.7.9 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

肥満は、15年後までの認知症リスクの上昇に関連がみられるようだ、という英国ユニバーシティカレッジロンドンからの研究報告。

研究チームは、英国加齢縦断研究から50歳以上の英国人集団を代表する6,582名のデータを解析した結果、研究開始時にBMIが30以上だった人は、平均11年の追跡調査期間中に認知症になるリスクが、BMIが18.5-24.9だった人に比べて、31%高いことを発見したという。

特に腹部肥満の女性は、普通体重の女性に比べて、認知症のリスクが39%高まった。年齢、学歴、婚姻状態、喫煙行動、遺伝性素因(APOE ε4遺伝子)、糖尿病と高血圧の既往とは独立しており、男性には見られなかったという。

「認知症は高齢化が進む21世紀の主要な健康問題のひとつである。本研究は、肥満率の上昇が問題を悪化させることを示唆している」と共同研究者のアンドリュー・ステップトゥ教授はコメントしている。

出典は『国際疫学雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ビタミンB1欠乏はアルコール関連認知症の重要な要素?  
  高齢者における低炭水化物高脂肪食の可能性  
  加齢による高血圧、メカニズムを解明  
  硝酸塩サプリは高齢者の呼吸と肺クリアランスを助ける  
  加齢には2つのまったく異なる道がある  
  認知症予防、12のポイント  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報