リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  百寿者の研究は生活環境が長寿の鍵であると示唆
2020.7.6 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

100歳まで生きるには良い遺伝子が助けになるが、どこに住むかも有意な影響を及ぼしているようだ、という米国ワシントン州立大学からの研究報告。

歩き易く、年齢が混在したコミュニティに住む人は100歳の誕生日を迎える可能性が高いという。

研究チームは、2011年から2015年に75歳以上で死亡した145,000人のワシントン州民のデータを調査した。データには、年齢、居住地、死亡時刻、性別、人種、学歴、婚姻状態が含まれていた。

米国共同体調査、環境保護庁、その他のデータソースからのデータを用いて、研究チームは対象者の近隣環境に関する環境変数をスコア化した。貧困レベル、輸送機関、医療機関、歩き易さ、就労世代の割合、都市化状態、大気汚染、緑地環境など。そして、近隣環境と100歳前に死亡するリスクの関係を解析した。

その結果、近隣の歩き易さ、より高い社会経済状態、そして就労世代の割合の多さが、100歳まで生きることにポジティブに関連していることを発見したという。

調査結果をさらに拡大するにはさらに調査が必要だが、本研究結果は、最終的には高齢者の寿命を延ばす健康的なコミュニティを構築するために使用できるだろう、と研究チームはまとめている。

出典は『国際環境研究公衆衛生雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  ビタミンB1欠乏はアルコール関連認知症の重要な要素?  
  高齢者における低炭水化物高脂肪食の可能性  
  加齢による高血圧、メカニズムを解明  
  硝酸塩サプリは高齢者の呼吸と肺クリアランスを助ける  
  加齢には2つのまったく異なる道がある  
  認知症予防、12のポイント  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報