リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  食事制限の本質的な要素が明らかに
2020.6.12 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

代謝の健康における2つの必須アミノ酸が果たす役割についての新たな理解が得られた、という米国モナッシュ大学からの研究報告。肥満との戦いに役立つ可能性があるという。

アラム・ローズ博士ら研究チームは、若くて健康なマウスから2つのアミノ酸(スレオニンとトリプトファン)の量を減らすことで、カロリーを減らすことなく、消費以上のカロリーを燃焼することが可能であることを発見したという。

これによって、筋量の低下という副作用なしにマウスを健康に痩せさせることが可能であった。この低スレオニンダイエットの効果は、2型糖尿病を発症し易い病的肥満マウスにおいても有効であった。

研究チームはさらに、必須アミノ酸であるスレオニンを体内で合成できるマウスを遺伝子操作によって作り出した。このマウスでは、低スレオニンダイエットの健康促進効果が阻害され、マウスの体重が増加した。

「我々は、必須アミノ酸が、健康寿命と寿命を延長する強力な媒介物質であることを示唆する多くの知見をみつけている」と共同研究者のマシュー・パイパー博士はコメントしている。

出典は『ネイチャーコミュニケーション』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  食品の健康度を最高から最悪までランク付ける  
  研究レビューは減量に間欠断食が有効であることを示す  
  絶食模倣食が肥満マウスの健康寿命を延伸する?  
  n-3系脂肪酸サプリ、摂取量に注意  
  低炭水化物ダイエットが血中脂質プロファイルを改善?  
  社員食堂のメニュー変更で、カロリー摂取量を減らす?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報