リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  加齢に伴う骨量減少と骨折の予防に乳製品は効果なし
2020.6.3 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

乳製品には骨に良い栄養素が豊富に含まれるが、閉経期で骨損失が加速しているときには、骨密度の低下を抑える効果はほとんど期待できないようだ。米国ジョージメイソン大学などの報告。

成長期の子供はしばしば牛乳を飲むことを推奨される。というのも、カルシウム、リン、ビタミンD、高品質のたんぱく質など骨の成長を助ける12種類以上の栄養素を含んでいるからだ。だが、閉経期にさしかかった女性では骨損失が加速され骨粗鬆症になり易くなる。

研究チームは、『全国の女性の健康(SWAN)』研究のデータを解析して、この閉経期の骨損失の加速と骨折リスクは乳製品の摂取によっては防止できないことを発見したという。

今回の研究では、大腿骨と脊椎の骨密度に及ぼす乳製品の摂取の効果が特に調べられた。これは閉経期女性の骨損失と骨折に及ぼす乳製品の影響を検証した数少ない研究のひとつであるという。閉経期の女性は年齢と性別という骨粗鬆症の二大リスクを因子を抱えており、それは女性が自分でどうにかできるものではないので、変更可能なリスク因子に焦点が当てられてきた。

だが、解析の結果では、ベースラインの更年期状態に関係なく、骨密度の変化に有意差は観察されなかったという。また骨折リスクについても有意差は観察されなかった。

閉経期の移行期にあるこれら米国人女性においては、乳製品の摂取量は、大腿骨および脊椎骨の骨密度の低下にも骨折リスクにも関連していなかった、と研究チームは結論付けた。

出典は『更年期』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  アボカドは女性の腹部脂肪分布を変化させる?  
  古代ローマのヘルクラネウムでは男女は異なる食事をしていました  
  「経験豊富な」母マウスはオキシトシンの助けを借りて他の雌を母にする  
  乳児の母親の睡眠不足が加齢を促進?  
  ポートフォリオ食は閉経後女性の心臓病リスクを下げる?  
  更年期のホットフラッシュは食事で軽減できる?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報