リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  心臓の健康を維持することで認知機能低下を防ぐことができる
2020.5.22 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

心血管疾患の発症リスクが高い人は、認知機能の低下、アルツハイマー病の典型的な指標の上昇がみられるようだ、という中国・天津医科大学からの研究報告。

研究チームは、ラッシュ記憶加齢プロジェクトの参加者1,588名を21年追跡調査した。参加者の平均年齢は79.5歳だった。研究開始時に、フラミンガム一般心血管リスクスコア(FGCRS)で評価し、心血管リスクに応じて低・中・高の3群に分けた。

毎年、19の検査を使用して、エピソード記憶、意味記憶、作業記憶、視空間認知、知覚速度を評価し、複合スコアを算出した。

研究終了時、研究チームは、心血管リスクが高いほど、エピソード記憶、作業記憶、知覚速度の低下が速いことを発見したという。また、患者の一部のMRIデータを調べたところ、FGCRSが高いほど、海馬、皮質灰白質、脳全体の容積が少ないことがわかったという。海馬と灰白質の減少はアルツハイマー型認知症関連の神経変性の典型的な指標である。MRIはまた、白質高信号という脳の機能低下につながる白点が増加することも示した。

「認知症の効果的な治療法はないので、患者の認知機能を維持するために、心血管リスクを監視および管理する必要がある」と主任研究者のウェイリ・ウー博士はコメントしている。

出典は『米国心臓学会誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  農村での生活は高齢者の精神的幸福を高める?  
  制酸剤が認知症と関連するメカニズムを発見  
  認知機能と歩行速度はしばしば一緒に低下する  
  ベリー、リンゴ、茶がアルツハイマー病を予防?  
  サルコペニアの高齢男性は糖尿病になり易い  
  食べ物の組み合わせで認知症リスクが高まる!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報