リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  食品・栄養情報の信憑性を評価するNutrimedia
2020.5.22 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

栄養に関するメッセージの信頼性を評価するためにNutrimediaが用いている方法論を紹介するスペイン・ポンペウ・ファブラ大学の論文が『プロスワン』誌に発表された。

Nutrimediaプロジェクトは、ポンペウ・ファブラ大学コミュニケーション学部の科学コミュニケーション観測所(OCC)と、GRADEシステムのメディアのニュース・広告の栄養情報への拡張のパイオニアであるイベロアメリカコクランセンターが開発したものである。

開始後18カ月間の間、Nutrimediaプロジェクトは30件の栄養関連メッセージの信憑性を分析した。うち、21件は食品関連、6件は食事関連、3件は健康食品関連だった。それらを本当らしさの度合いに応じて、メッセージは7つのカテゴリに分類された:本当、たぶん本当、本当かもしれない、うそ、たぶんうそ、うそかもしれない、不確か(true, probably true, possibly true, false, probably false, possibly false, uncertain)。

ほぼ半分(14件)が「不確か」に分類された(チョコレートは心臓に良い、ニンニクを食べるとがんリスクが低下)。4件が「本当かもしれない」(肉には発がん性がある、白パンは全粒パンより太る)。

「食物と健康に関する質問への多くの答えは不確かであるか、確実性が低い。なぜなら、それらはほとんど研究されていないか、低品質の研究で扱われている質問だからだ」とNutrimediaのディレクターであるゴンザロ・カシノは言う。「Nutrimediaは、大衆になぜ科学の確実性にバラツキがある理由と、いかにメディアやソーシャルネットワークに批判的にメッセージを翻訳していくかを教えることを目的としている。」

Nutrimediaの最もユニークな仕様はその方法論である。「GRADEシステムは、研究成果の確実性の程度を決定するために多くの科学機関によって採用された方法だ。Nutrimediaで画期的なことは、この方法を適用して、一般に届く栄養メッセージの信憑性を評価していることだ」とNutrimediaとイベロアメリカコクランセンターの研究者でありスペインGRADEセンターの責任者であるパブロ・アロンゾは説明している。

「分析したメッセージの12件は大衆からの質問、9件は神話や一般的な信条、8件はニュースから、2件は広告からであることには注意しなければならない」と筆頭著者でNutrimediaの研究者であるモントセラット・ラバッサは説明する。

「最も関心の高い質問は、肉が発がん性であるかどうかだった。この問題を扱ったページは、Nutrimediaで最も訪問されたページの1つであり、Google Spainで『肉とがん』を検索した時にリストされる最初の2つまたは3つのうちの1つであった。」

検索エンジンでのこの存在は、Nutrimediaプロジェクトがメディアに与えたかなりの影響の証拠である。最初の18か月の間に、それは印刷物で84回、スペインおよび他の14か国のWebサイトで386回引用された。

「科学的厳密さとフレンドリーな表示形式の使用の組み合わせは、国民が栄養に関する情報に基づいた選択を行えるように開発された、このリソースの際立った特徴である」と著者らは述べている。

出典は『プロスワン』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  現状維持をやめると幸せになれます!?  
  アルコール問題の対策がCOVID-19からの回復には不可欠  
  YouTube上のCOVID-19関連ビデオには誤情報が多い  
  関連マップによってワクチン否定派の成功戦略が明らかに  
  褐色脂肪のある人、消費カロリー15%増に?  
  困難な時代に「観光客」はフロリダのカキに慰めを求めた!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報