リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  糖尿病や高血圧などの患者はアルコール摂取が多め?
2020.5.21 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

26種の一般的に見られる病態(糖尿病、高血圧など)とアルコール摂取レベルの関係が、270万人の患者の電子医療記録の解析から明らかにされた。米国健保組合大手カイザーパーマネンテからの研究報告。

研究チームは、2014年1月1日から2017年12月31日までにプライマリケアを受診した2,720,231名の成人(52.9%が女性、48.1%が白人、32.5%が18-34歳)の横断調査によって、26種類の病態とアルコール摂取レベルの関連を解析した。

269,379名(9.9%)の患者が不健康的なアルコール摂取習慣があると回答した。26種類の病態を有する患者は、それ以外の患者に比べて、アルコール摂取が少ない傾向が見られた。

けれども、アルコール摂取習慣があると回答した患者のうち、糖尿病、高血圧、COPD、心房細動、がん、慢性肝疾患、外傷、中毒の患者については、推奨ガイドラインの量以上にアルコールを摂取すると回答する傾向が高かったという。

医療従事者は、ある種の病態にある患者でより高いアルコール摂取が見られることに留意し、不健康的なアルコール摂取習慣を制限することを考慮すべきであろう、と研究チームは結論付けている。

出典は『JAMAネットワークオープン』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  コロナ重症化リスクを高める(?)遺伝子を発見  
  飲酒問題を説明する29の遺伝子変異  
  消費者製品に含まれる化合物が肥満の原因?  
  ホップサプリメントには薬物相互作用なし!?  
  オンライン症状チェッカーはたいてい間違っている?  
  断食風食×ビタミンCとがん療法  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報