リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  非アルコール飲料が多ければアルコール消費は減る?
2020.5.20 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

非アルコール飲料の選択肢のほうが多ければ、人は非アルコール飲料を選ぶことが多くなるようだ、という英国国立健康研究所ブリストル生物医学研究センターなどからの報告。

本研究の参加者808名は英国在住で平均年齢38歳、定期的にアルコールを摂取する者であった。

参加者は、オンラインで、ビールとノンアルコールビールとソフトドリンクを選択したが、その際8つの条件にランダムに振り分けられた。(1)非アルコール2種とアルコール2種、(2)非アルコール4週とアルコール4種、(3)非アルコール6種と、アルコール2種、(4)非アルコール2種とアルコール6種。それぞれ、時間制限ありとなしで、ぜんぶで8条件だった。

実験の結果、8つの選択肢がある時、非アルコール飲料が4つから6つに増えると、人は非アルコール飲料を選ぶ確率が48%高まった。逆に、2つに減ると、人は非アルコール飲料を選ぶ確率が46%低下したという。時間制限の影響はみられなかった。

「既に多くの飲料メーカーが多くの非アルコール飲料を販売しているが、目につきにくい場所に置かれることが多いようだ。我々の結果が示唆しているのは、非アルコール飲料をもっと目につき易い場所におけば、より健康的な選択が増加するのではないか、ということだ」と筆頭研究者のアンナ・ブラックウェル博士はコメントしている。

出典は『BMC公衆衛生』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  コロナ重症化リスクを高める(?)遺伝子を発見  
  飲酒問題を説明する29の遺伝子変異  
  消費者製品に含まれる化合物が肥満の原因?  
  ホップサプリメントには薬物相互作用なし!?  
  オンライン症状チェッカーはたいてい間違っている?  
  断食風食×ビタミンCとがん療法  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報