リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  「代謝サイン」が地中海食と心血管リスクを予測する?
2020.5.19 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

新しく同定された「代謝サイン」は、地中海型食生活への順守度と代謝応答を評価することができ、将来の心血管疾患の発症リスクを予測する助けになる、という米国ハーバード大学からの研究報告。

この代謝サインは、代謝によって血液中を循環する67種の代謝物からなるもので、採血して測定する。

研究チームは、スペインのPREDIMED研究の参加者1,859名から得た血液検体に含まれる数百の代謝物を分析するために機械学習モデルを用いた。

機械学習モデルは、67種の代謝物を、地中海型食生活を個人が順守しているかどうかを判別するものとして同定した。

この研究では、代謝サインのレベルが高いほど、PREDIMEDの研究参加者の心血管疾患の長期リスクが低いことも明らかにされた。伝統的な心血管疾患のリスク因子を考慮した後でも、代謝サインは心血管疾患の長期的なリスクを予測するのに効果的だったと研究チームは述べている。

研究チームはさらに、米国の看護師健康調査と看護師健康調査II、医療専門職追跡調査から、6,868名の血液中の代謝サインを測定して検証し、地中海型食生活の順守度と心血管疾患のリスクを代謝サインによって同定することが可能であり、スペインと米国という生活習慣や環境が異なる集団間で高い再現性がみられたことを記している。

「代謝サインが食事と心血管疾患リスクの対する個人の代謝反応を反映していることを考えると、代謝サインが個別の栄養介入を促進するのに役立つ可能性がある」と筆頭研究者のジュン・リー博士はコメントしている。

出典は『欧州心臓雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  欧州の外出制限下における健康な食事(WHO)※   
  多量ビタミンDのコロナ有効説は根拠不十分、過剰摂取に注意  
  学歴と食生活とのつながり  
  ケトン食で腸内細菌叢、免疫細胞が変わる  
  抗酸化物質、摂り過ぎは有害のおそれ  
  集中力は飽和脂肪の摂取で低下する!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報