リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  集中力は飽和脂肪の摂取で低下する!?
2020.5.18 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

飽和脂肪の多い食事を1回摂取するだけで、我々の集中力は低下するようだ、という米国オハイオ州立大学からの研究報告。

研究チームは、51名の女性を対象に、飽和脂肪の豊富な食事または脂肪分をひまわり油(不飽和脂肪が豊富)に置き換えた食事のどちらかを摂取後の注意力を検査した。

その結果、飽和脂肪食を食べた後は、不飽和脂肪食を食べた後に比べて、検査成績が悪化したという。

研究チームはまた、リーキーガット(漏出性腸)と呼ばれる病態が結果に影響を与えたかどうかを調べたところ、血流中に腸内細菌が入り易いリーキーガット女性は、どちらの食事を食べても注意力検査のパフォーマンスが低下したことを発見した。

ただ1回の食事で集中力がいかに低下するかに、研究者は目を見張ったという。

「ヒマワリ油には飽和脂肪は少ないが、もちろん脂肪が多い。用いたどちらの食事も高脂肪食であり潜在的な問題があるため、低脂肪食と比較するとさらに差が大きくなる可能性があるだろう」と筆頭研究者のアネリス・マディソンは述べている。

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  欧州の外出制限下における健康な食事(WHO)※   
  多量ビタミンDのコロナ有効説は根拠不十分、過剰摂取に注意  
  学歴と食生活とのつながり  
  ケトン食で腸内細菌叢、免疫細胞が変わる  
  抗酸化物質、摂り過ぎは有害のおそれ  
  「代謝サイン」が地中海食と心血管リスクを予測する?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報