リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  認知機能と歩行速度はしばしば一緒に低下する
2020.5.14 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

思考速度と歩行速度は、手と手をとりあって並行して低下していくようだ、という米国テキサス大学からの研究報告。

研究チームは、1992年に開始されたサンアントニオ加齢縦断研究(SALSA)の参加者370名(65-74歳)の平均9年半にわたる追跡データを解析した結果、対象者が3つの群に分けられることを発見したという。

●認知機能と歩行能力が安定している群(65.4%)
●認知機能と身体機能が脆弱な群(22.2%)
●身体機能が脆弱な群(12.4%)

370名のうち、半数の182名がメキシコ系米国人、188名が欧州系米国人だった。メキシコ系米国人の参加者は、学歴、収入、慢性疾患の有無を統計的に調整後も、欧州系米国人のほぼ4倍、認知機能と身体機能が脆弱な群に分類される可能性が高かった。特に糖尿病であることは、認知機能と身体機能が脆弱な群に分類される可能性が4倍高いことと関連付けられたという。

「我々が研究した集団の多くで、認知機能と歩行速度の変化は並行しており、これは共通のメカニズムの存在を示唆するものだ」と主任研究者のミッツィ・ゴンザレス博士は述べている。

「認知機能と歩行速度は、血管障害、脳組織損傷、ホルモン調節、そして脳内のアミロイドβおよびタウたんぱく質の異常沈着によって変化する可能性がある」と博士は述べている。「アミロイドとタウはアルツハイマー病の良く知られた指標だが、歩行にも影響する可能性がある。」

全体として、認知機能と身体機能が脆弱な群および身体機能が脆弱な群の者は、死亡リスクが5-7倍高かったということである。

出典は『国際老年精神医学雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  農村での生活は高齢者の精神的幸福を高める?  
  心臓の健康を維持することで認知機能低下を防ぐことができる  
  制酸剤が認知症と関連するメカニズムを発見  
  ベリー、リンゴ、茶がアルツハイマー病を予防?  
  サルコペニアの高齢男性は糖尿病になり易い  
  食べ物の組み合わせで認知症リスクが高まる!?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報