リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  ベリー、リンゴ、茶がアルツハイマー病を予防?
2020.5.13 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ベリー、リンゴ、茶などのフラボノイドの豊富な食品の摂取が少ない高齢者は、多い高齢者に比べて、2-4倍アルツハイマー病を発症するリスクが高いかもしれない、という米国農務省人類栄養研究センターからの研究報告。

研究チームは、米国の大規模疫学研究であるフラミンガム心臓研究子孫コホートのデータを解析した。

2,801名(平均年齢59.1歳、52%が女性)を平均19.7年追跡調査した結果、193件のアルツハイマー病とその関連認知疾患(ADRD)事象が発生した。うち158件がアルツハイマー病だった。

種々の関連因子と食事因子で調整後、フラボノイド摂取量で4群に分けると、最も高かった群は、最も少なかった群に比べて、ADRDのリスクが46%低かったという。

同様にアントシアニンの摂取量が最も高かった群は、最も低かった群に比べて、ADRDのリスクが76%低かった。フラボノイドポリマーの場合には、42%低かった。

アルツハイマー病のみに限っても結果は同様であったという。

「現在のところ、アルツハイマー病の治療に利用できる有効な薬物は存在しないので、健康的な食事を通じて病気を予防することは重要であろう」と主任研究者のポール・ジャック博士はコメントしている。

出典は『米国臨床栄養学雑誌』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  運動、音楽、芸術活動が認知機能の低下を抑える?  
  ビタミンB12とアルツハイマー  
  間欠断食はハエの寿命を延ばす―それはヒトにも有効か?  
  高齢者の脳の鉄分低下、認知力の向上に関連する健康的な食事摂取  
  ハーブ成分がパーキンソン病を予防および治療する?  
  65歳からの機能低下が死亡リスクの増加に関連?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報