リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  幼少期の栄養指導の効果は成人後も続く!?
2020.5.8 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

幼児期に始まる栄養カウンセリングは成人後も心血管系の健康状態を良好に保つ働きがあるようだ、というフィンランド・トゥルク大学からの研究報告。

研究チームは、フィンランド・トゥルクで7歳の幼児1,116人とその家族に介入試験を実施した。ランダムに分けられた1群には、心血管系の健康を増進するための栄養カウンセリングを、 別の1群には基本的な健康教育を実施した。この介入は20歳まで続けられた。

参加者が26歳になったときに追跡調査が実施され、551人が参加した。

調査の結果、栄養カウンセリングを受けた人々は、心臓の健康を維持しており、血清総コレステロールとLDL-コレステロールが有意に低かったという。またインスリン感受性も対照群より良好だったという。

「幼児期に始まる心臓を健康にする栄養カウンセリングは、積極的なカウンセリングの中止後も持続する心血管系の健康にプラスの影響を与えるようだ」と筆頭研究者のカーチャ・パーカラ助教授はコメントしている。

出典は『ランセット小児思春期健康』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  天然物でも胎児に害を及ぼす可能性がある  
  子どもの自信は1分間の「ポーズ」で高まる  
  アレルギーの新発見が診断と治療を改善するかも  
  子どもがネットで健康情報を調べると肥満に!?  
  子供の果汁飲料はより明確なラベルが必要?  
  果物は市販ベビーフードの深緑色野菜の味を隠すかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報