リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  食事は認知機能の維持に役立つ可能性があります
2020.4.24 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

地中海型食事と眼疾患に関する二つの大規模な疫学研究から、食事が認知機能の低下を遅くすることが明らかになった、という米国国立眼病研究所からの研究報告。

研究チームは、加齢関連眼疾患研究(AREDS)とその後継研究AREDS2のデータを解析した。どちらも約4千人の参加者を含んでいた。研究開始時に食事調査が実施された。AREDSでは5年後に認知機能が検査され、AREDS2では、開始時、2年、4年、10年後に検査された。

データ解析の結果、AREDSでは地中海型食事スコアが高い参加者は、認知機能障害のリスクが低下することが分かった。魚、野菜の摂取が多い者に最大の保護効果が認められた。AREDS2でも10年後に、魚の摂取量が最も多かった者が、認知機能の低下が最も遅かったことがわかった。

個人間の地中海型食事スコアの違いはわずかであり、日常的にその違いはわからないが、人口レベルでは、認知機能が食事に依存していることが明確に示されている、と主任研究者のエミリー・チュー医師はコメントしている。

出典は『アルツハイマーと認知症』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  運動、音楽、芸術活動が認知機能の低下を抑える?  
  ビタミンB12とアルツハイマー  
  間欠断食はハエの寿命を延ばす―それはヒトにも有効か?  
  高齢者の脳の鉄分低下、認知力の向上に関連する健康的な食事摂取  
  ハーブ成分がパーキンソン病を予防および治療する?  
  65歳からの機能低下が死亡リスクの増加に関連?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報