リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  高齢者はよりバランスのとれたたんぱく質摂取が必要?
2020.3.23 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

高齢者は昼食に、パンなどの質の低いたんぱく質源からたんぱく質を摂ることが多いようだ、という英国バーミンガム大学からの研究報告。

研究チームは、英国バーミンガム地域在住の参加者の食生活について横断的調査を実施した。参加は3つの年齢層(平均年齢は、若者で23歳、中年者で51歳、そして高齢者で77歳)に分けて各々40名ずつ選ばれた。全員が3日間の食事日記をつけ、摂取したすべての食品をひとつひとつ秤量した。

参加者の食行動パターン、特にたんぱく質の摂取パターンについて調べたところ、1日を通じてたんぱく質摂取を18種類のパターンに分類することができたという。

特筆すべきは、高齢者が若者や中年者と比べて、低品質のたんぱく質源、たとえばパン、から昼食にたんぱく質を主として摂取する傾向がみられたことだった。

だが、各年齢層の平均たんぱく質摂取量は、若者105.1g、中年者97.0g、高齢者83.4gであり、おおむね所要量は満たしていたという。

研究チームは、朝食と昼食においてたんぱく質摂取を増やすことが、加齢関連の筋量損失を抑える助けになるだろう、と結論付けている。

出典は『栄養学の最前線』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  低炭水化物ダイエットが脳の加齢を逆転させる可能性  
  心を健康に保つには、多様性と一貫性が不可欠  
  地中海型ダイエットは「健康な老化」に関連する細菌を増やす?  
  「年齢型」は新しい加齢モデルを提供する?  
  クルミは高齢者の認知機能低下を遅らせるかも  
  フレイル指数が高齢患者の退院後の指標になるかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報