リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  アルコール中毒に国境はない
2020.3.19 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

旧ソ連・東欧諸国では、男たちがアルコール中毒で早死するリスクが高いという。ただしアルコール中毒関連死亡率は地域によってかなり異なるようだ。ロシア・国立研究大学高等経済学院からの研究報告。

大量飲酒がしばしば致命的であることは明らかである。急性アルコール中毒で直接死にいたることもあるし、肝硬変などの肝臓の重篤な疾患、虚血性心疾患、脳卒中などを誘発する。ある種のがん、自動車事故、殺人、転倒、やけど、凍傷などにも過度の飲酒との関連がしばしば疑われる。

公式統計に現れるアルコール関連死亡率は高くないという。2015年のロシアでは総死亡率の3.1%、5万8千人に過ぎなかった。だが、健常者集団では、8.8%に上昇する。

危険な大量飲酒が男たちの早死の主因となっているのは、ヨーロッパロシア、ベラルーシ、リトアニア、ポーランドであると研究チームは述べている。

研究チームは、2006年から2014年にかけて、ヨーロッパロシアの4つの経済圏とベラルーシ、ポーランド、リトアニアの20-64歳の男性の死亡率を検討した。調査地域数は1,180近かったという。

解析の結果、アルコール関連死亡率のホットスポットはロシアとベラルーシに多く、リトアニアとポーランドは少なかった。

最も問題の多い地域はロシア北西部と西部、ベラルーシ東部と北西部、リトアニア南東部、ポーランド東部と中部だった。

ロシア国内では、最も死亡率の「低かった」のはモスクワ、ザンクトペテルブルグ、そして中央黒土経済地区であり、最も高かったのは北西部と西部だった。

出典は『薬物アルコールレビュー』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  記憶を保存するアミロイドの構造が明らかに  
  糖尿病の新治療、ビタミンD受容体がカギに?  
  地域的要因が寿命に影響  
  塩分摂り過ぎ、免疫力低下か  
  ケトジェニック・ダイエットでインフルエンザ様症状が!?  
  アルコール依存症治療への最も効果的なパス  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報