リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[高齢者]  心を健康に保つには、多様性と一貫性が不可欠
2020.3.3 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

認知機能を健康に保つには、成人期を通じて活動の多様性と一貫性を維持することが重要なようだ、という米国サウスフロリダ大学からの研究報告。

研究チームは、34-84歳の732名を対象にした全国日常生活調査のデータを解析した。これは連続した8日間の活動を調査して、その多様性をスコア化したものである。同じ対象者が10年後に再び同じ調査を受けた。

ここで多様性は、種類の豊富さと均等性から評価された。種類が豊富で、かつその様々な種類がある程度の均等性を保って併存しているとスコアが高くなる。

データ解析の結果、10年の間に活動の多様性を増加させた者は、多様性を低下させた者に比べて、高い認知機能を維持する可能性が高いことが明らかになったという。

「本研究が示唆しているのは、様々な活動を定期的に行う活動的で積極的な生活習慣が我々の認知機能の維持には重要だということだ」と主任研究者のソオミ・リー助教授はコメントしている。

出典は『老年医学雑誌シリーズB:心理科学と社会科学』。 (論文要旨)      
 「高齢者」 カテゴリ 最近の注目トピック
  高齢者はよりバランスのとれたたんぱく質摂取が必要?  
  低炭水化物ダイエットが脳の加齢を逆転させる可能性  
  地中海型ダイエットは「健康な老化」に関連する細菌を増やす?  
  「年齢型」は新しい加齢モデルを提供する?  
  クルミは高齢者の認知機能低下を遅らせるかも  
  フレイル指数が高齢患者の退院後の指標になるかも  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報