リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  記憶のための賢い食べ方
2020.3.2 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

特定の食品群の摂取と記憶喪失と併存する心疾患、糖尿病の間には強い関連が見られるようだ、という豪州シドニー工科大学からの研究報告。

研究チームは、139,000人の豪州人のデータを解析し、果物や野菜の摂取が豊富であることと、記憶喪失の可能性が低いこと、併存する心疾患が少ないことの間に関連性が見られることを発見した。またたんぱく質が豊富な食事の摂取とより良好な記憶能力の間にも関連が認められたという。

また、80歳以上の高齢者で穀類の摂取が少ないものは、記憶喪失と併存する心疾患のリスクが高いこともわかったという。

「高齢者がしばしば複数の慢性疾患に同時に直面する事実を考慮した食事介入は真の挑戦である」と研究者はコメントしている。

出典は『国際公衆衛生雑誌』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  食品の健康度を最高から最悪までランク付ける  
  研究レビューは減量に間欠断食が有効であることを示す  
  絶食模倣食が肥満マウスの健康寿命を延伸する?  
  n-3系脂肪酸サプリ、摂取量に注意  
  低炭水化物ダイエットが血中脂質プロファイルを改善?  
  社員食堂のメニュー変更で、カロリー摂取量を減らす?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報