リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  ソーシャルメディアユーザーは「友人」の食習慣を「コピー」する?
2020.2.26 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ソーシャルメディアのユーザーは、果物と野菜を好むか、ジャンクフードを好むか、彼らの友達と同じだと思うことをするようだ、という英国アストン大学からの研究報告。

研究チームは、369名の大学生に、Facebook仲間が毎日摂取する果物、野菜、「エネルギー密度の濃いスナック」および甘味飲料の量を見積もるように求めた。

その情報を、参加者自身の実際の食習慣と比較した結果、ジャンクフードを食べることを自分のソーシャル仲間が承認していると感じた人は、実際ジャンクフードを多く食べたことがわかったという。

一方で、仲間が健康的に食事をしていると思った参加者は、果物と野菜をより多く食べた。

けれども、参加者の食習慣とBMIの間には有意な関連は見られなかった。

「SNSに膨大な時間w費やしている子供たちにとって、若いころからの健康的な食習慣を取りれるのに役立つ介入を考えるうえで示唆的である」と研究者はコメントしている。

出典は『食欲』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  インドとパキスタンの限定核戦争でも世界的飢饉  
  ウィキペディアの特定感染症へのアクセスが増えるのはメディアの影響?  
  テキスト型カウンセリングを効果的にするもの  
  AIで人生の転帰を予測するのは難しい  
  介護者としての共感を学ぶには経験以上のものが必要  
  情報に必要なのは統計だけではない?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報