リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  妊娠中のビタミンD欠乏は、ADHDのリスク上昇と関連?!
2020.2.20 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

母親の妊娠中のビタミンD不足は、子供のADHD発症に影響を及ぼすようだ、というフィンランドのトゥルク大学等からの報告。

今回の研究は、妊娠初期から中期における母親のビタミンD濃度の低さとADHD診断リスクの上昇との関連性を示す、初めての集団レベルの研究であるという。

今回の研究には、フィンランドで、ADHDと診断された1998年から1999年までに生まれた1,067名の子供がケース群、マッチした症例をコントロール群とした。データは、妊娠中のビタミンD摂取に関し、現在のフィンランドの勧告 (年間を通して、1日当たり10マイクログラム)以前に収集された。

結果は、妊娠中のビタミンD濃度の低さは、子供の注意欠陥に関連したという。

「ADHDは、子供において、最も一般的な慢性疾患の1つであることから、今回の調査結果は、公衆衛生にとって、とても重要である」と、スーランダー教授は述べている。

出典は『米国児童青年精神医学雑誌』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  離乳食の早期開始、腸内細菌叢に悪影響のおそれ  
  母乳は、未熟児の敗血症の予防に役立つ?  
  妊娠中の適度な魚摂取はメリットがリスクを上回る  
  世界の小児栄養不良の現状  
  重度のピーナッツアレルギーは「腸の反応」である?  
  ソーダ税を取り入れても、砂糖入り飲料消費に影響は与えない?!  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報