リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  食習慣に関連する遺伝子変異を発見
2020.2.20 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

理研と大阪大学の研究チームは、ヒトの特殊な食習慣に関連する遺伝子変異を発見した、と『ネイチャー人間行動』誌に発表した。

研究チームは、十六万人を超える日本人の遺伝データを使用したゲノムワイド関連研究によって、コーヒー、茶、アルコール、ヨーグルト、チーズ、納豆、魚、野菜、肉の摂取に関連する染色体上の9つの遺伝子部位を同定した。

全体として、本研究は以前に報告されていない10の食事-ゲノム関連性を発見したという。4つはコーヒーに関連し、3つはアルコールに関連する。

コーヒーとアルコールに関連していることが既に知られていた1つのSNPは、検討されたほとんどすべての食品項目に関連していることがわかった。

「ALDH2遺伝子のひとつのDNAヌクレオチドにおけるこの特定の変異は、アルコール、納豆、豆腐、魚の摂取量が少ないことに関連し、同時にコーヒー、茶、牛乳、ヨーグルトの摂取量が多いことに関連していた」と岡田随象教授は述べている。

出典は『ネイチャー人間行動』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  結局どのダイエットが良いの?  
  人工甘味料、炭水化物と組み合わせると悪影響か  
  代謝性疾患で混乱したホルモンバランスの回復を助ける  
  家族の食事の価値を確認  
  体重管理のためには深夜食でなく朝食?  
  ベジタリアン食は脳卒中リスクを低下する?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報