リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[女性]  緑豊かな地域に住むと、更年期障害の発症を遅延させる可能性がある?!
2020.2.18 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

緑豊かな地域に住むと、更年期障害の発症時の年齢が高まるようだ、というノルウェーのベルゲン大学等からの報告。

研究では、欧州共同体呼吸器健康調査(ECRHS)に参加した、9か国(スペイン、フランス、ドイツ、ベルギー、イギリス、スウェーデン、エストニア、アイスランド、ノルウェー)1,955名の女性のデータを分析した。20年間フォローアプし、健康と生活習慣要因の質問紙に完全に回答し、採血を受けた。近隣の緑地の利用可能性と広さも計算した。

結果は、緑地のスペースが少ない地域に住む女性は、最も緑豊かな地域に住む者より、1.4年早く閉経期になったという。閉経年齢は、平均して、緑地のほとんどない地域に住む女性で、50.3歳と比し、最も緑豊かな地域に住む女性で51.7歳であった。遺伝的要因に加え、閉経年齢は、ライフスタイル要因(喫煙、肥満、身体活動、経口避妊薬の使用等)に影響を受けた。

「コルチゾールレベル低下は、エストラジオール(重要な女性ホルモン)の濃度の上昇と関連している。おそらく、緑地の近隣に住んでいる女性は、コルチゾール値が低く、エストラジオールを高濃度に維持することができ、閉経の開始を遅延させる可能性がある」と、ポスドク研究員であるカイ・トリプナー氏を述べている。

出典は『環境国際版』。 (論文要旨)      
 「女性」 カテゴリ 最近の注目トピック
  女性の血管は男性よりも早く老化する  
  心臓病を持つ現代の女性には柔軟なプログラムが必要  
  乳製品の摂取と乳がんのリスクは関連する?!  
  マグネシウムが冠状動脈性心疾患リスクを下げる?!  
  今日の女性のための達成できない美しさの基準  
  妊娠中の夜食、食事の質の低さは、妊娠後の体重増加・保持と関連する?!  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報