リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[その他]  酒屋を減らせば殺人が減る?
2020.2.18 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

ボルチモアの都市部居住地域でもアルコール販売を減らせば、殺人発生率が低下するかもしれない、という米国ノースカロライナ大学からの研究報告。

ボルチモアはアルコール販売のゾーン規制を見直している最中であるが、研究チームは、暴力犯罪の50%がアルコールに起因するものと仮定して、ゾーン規制の変更がボルチモアの殺人発生率に及ぼす影響を3つのコンピュータモデルを用いて検討した。

1つ目は、アルコール販売店舗を20%削減する。2つ目は、居住地域の店舗のみを閉鎖する。3つ目は、バーや居酒屋として許可を受けているが実際にはアルコール販売店として営業している店舗を閉鎖する(こうした偽のバーや居酒屋はアルコール販売の時間規制を避けるためのもの)。

種々の交絡因子を調整後、1つ目の20%削減モデルは、殺人が年51人減少し、6,370万ドルを節約できることが明らかになった。2つ目の居住地域の販売を止めるモデルは、殺人が年22人減少し、2,750万ドルを節約できた。3つ目の偽のバーや居酒屋の営業を止めるモデルは、年わずか1人の減少と120万ドルの削減に留まった。

20%の販売店舗を閉鎖することが最も大きな効果をあげることが期待されたが、研究チームによれば、ボルチモア市当局が、そのような大きな改革はビジネスを破壊するものと思われるので実施はできないだろうと考察している。

その代わり、居住地域の80店舗の閉鎖が望ましい選択肢だろうとしている。なぜならボルチモアには1,200件以上の許可店舗があるので、15件のつき1件の閉鎖で300人以上の殺人から22人が生き伸びられるからである。

出典は『アルコール・薬物研究雑誌』。 (論文要旨)      
 「その他」 カテゴリ 最近の注目トピック
  インドとパキスタンの限定核戦争でも世界的飢饉  
  ウィキペディアの特定感染症へのアクセスが増えるのはメディアの影響?  
  テキスト型カウンセリングを効果的にするもの  
  AIで人生の転帰を予測するのは難しい  
  介護者としての共感を学ぶには経験以上のものが必要  
  情報に必要なのは統計だけではない?  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報