リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[病気]  毎日の飲酒は脳年齢の高さに関連する?
2020.2.13 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

毎日、飲酒する人々は、ほとんど飲酒しない人々と比べて、相対的な脳年齢が高いかもしれない、という米国サザンカリフォルニア大学からの研究報告。

研究チームは、機械学習とMRIを駆使して英国バイオバンクにあった17,308人(45-81歳)のデータから彼らの相対的な脳年齢を計算した。

飲酒行動が記録されていた11,600人のデータの解析から、ほぼ毎日飲酒した人は、飲酒頻度が少ないか全く飲まない人に比べて、相対的な脳年齢が高ったという。アルコールの摂取量が1日1g増えるごとに、相対脳年齢は0.02年増加した。

同様に、喫煙についても、喫煙指数(pack-years)が1増加するごとに、相対脳年齢は0.03年増加した。Pack-yearsは、(1日あたりの平均喫煙本数/20)x総喫煙年数。

なお研究者らは、飲酒と喫煙以外にも様々な環境因子、遺伝因子が脳年齢には関係していることを指摘しており、より大規模な集団のデータによってさらに関係を明確にする必要があるとしている。

出典は『サイエンティフィックレポート』。 (論文要旨)      
 「病気」 カテゴリ 最近の注目トピック
  そのアールグレイのカップを置いて!  
  高炭水化物の菜食で1型糖尿病が改善?  
  ウコンが持つ抗ウイルス作用の可能性  
  瞑想は心疾患のリスクを低下させるかも  
  高脂肪食×抗生物質、腸の炎症リスク大幅増  
  腸はフルクトースによる損傷から肝臓を保護  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報