リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  妊娠中の空腹時血糖値が高いと、母親・赤ちゃんにとって有害?!
2020.2.13 , EurekAlert より:   記事の難易度 2
  

妊娠中の空腹時血糖値が高いことは、負荷後血糖値が高いことより、高血圧障害・在胎不当過大の強力な予測因子であるようだ、というアルバータ大学等からの報告。これは、妊娠糖尿病の薬物治療が行われた場合でも改善されないという。

研究では、2008年から2014年、アルバータ州において、妊婦250,000人の健康記録を調査したという。対象者のうち、約13,000名が妊娠糖尿病と診断され、約4,000名は空腹時血糖値が5.3 mmol/L以上、約8,800名は、食後1時間およびまたは2時間値の上昇が認められた。

結果は、食後血糖値高値より、空腹時血糖値が高いと、合併症に直面する可能性が高かったとう。空腹時血糖が高いと、在胎不当過大リスクが2.6倍、妊娠高血圧リスクが1.5倍高かった。また、誘発分娩、帝王切開、早産の可能性も高かったという。さらに、空腹時血糖値が高い場合、インスリンやメトホルミンなどの糖尿病治療薬が投与されても、有害な結果が持続したままであった。

「空腹時血糖値の高い女性が、治療に対して反応が低く、非常に重要な問題となっている」とカウル氏は述べている。

出典は『糖尿病医学』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  妊娠「前」の野菜摂取で早産リスク低下  
  気難し屋の子供は不健康な食習慣になりがち  
  「母乳がいちばん」ですが...  
  COVID-19ロックダウンは小児肥満を悪化させる?  
  妊娠中の善玉菌投与は自閉症様症候群のリスクを緩和  
  天然物でも胎児に害を及ぼす可能性がある  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報