リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  赤身の肉・加工肉で心臓病リスクや全死因死亡リスクが上昇?!
2020.2.12 , EurekAlert より:   記事の難易度 1
  

赤身肉や加工肉の摂取は、あらゆる死因による死亡が高まるようだ、という米・ノースウェスタン大学からの報告。鶏肉や魚類では認められなかったという。

これまで加工肉の摂取と心血管疾患、全死因死亡との関連性は報告されているが、赤身肉、鶏肉、魚類の摂取と心血管疾患、全死因死亡との関連性は不明な点が多かった。そこで、今回は、加工肉の他、赤身肉、鶏肉、魚類の摂取と、心血管疾患の発症および全死因死亡との関連性を調査したという。

今回の研究では、米国の6つの前向きコホート研究に参加した成人のデータを分析した。1985年から2002年までの食事データを収集し、2016年8月31日までフォローアップした。

結果は、魚類ではなく、赤身肉、加工肉、鶏肉を1週間当たり2サービング摂取すると、循環器疾患のリスクが3〜7%上昇したとう。鶏肉や魚類ではなく、赤身肉または加工肉を2サービング摂取すると、全ての死因による死亡のリスクが3%上昇した。

「これら動物性タンパク質食品の摂取を変更することは、心血管疾患と早死のリスクの減少に役立つ重要な戦略である可能性がある」と、ビクター・チョン准教授は述べている。

出典は『JAMA内科学』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  人口増加と漁獲高の頭打ちがオメガ-3供給ギャップの原因か  
  ケトダイエットは少量で最も効果的である!?  
  心臓病のリスクと結びついていない1日1個の卵  
  低炭水化物、低脂肪食、死亡リスクの調査  
  高たんぱく食は動脈閉塞性プラークを増やす:マウスの研究  
  クルミは、腸に良好で、心臓の健康の促進に役立つかも?!  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報