リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[栄養]  人口増加と漁獲高の頭打ちがオメガ-3供給ギャップの原因か
2020.2.12 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

世界人口の7割がオメガ-3系脂肪酸を必要なだけ摂取できない状況があるようだ、というノルウェイ科学技術大学からの研究報告。

「どれだけのEPAとDHAが生産され消費されるのか調べたところ、世界人口の70%が必要量を入手できないことが明らかになった」と筆頭著者のヘレン・ハミルトン博士は語っている。

ハミルトン博士らは供給ギャップの背後にある原因を明らかにすると共に、リサイクルを改善したり新たな主要供給源を提案するなどして供給を高める方法についても示唆した。

世界中の漁業にプレッシャーがあり、全漁獲資源の63%が乱獲されて再構築が必要である、と博士らは書いている。そのため、人々がEPAとDHAを得るために日々必要なだけの魚を捕獲することができないのだという。

「我々はもはやこれ以上の魚を捕獲することができない」とハミルトン博士は言う。「これが意味するところは、既に我々がもっているものを最適化するか新しいものを見つけるかである。」

出典は『ネイチャー食品』。 (論文要旨)      
 「栄養」 カテゴリ 最近の注目トピック
  赤身の肉・加工肉で心臓病リスクや全死因死亡リスクが上昇?!  
  ケトダイエットは少量で最も効果的である!?  
  心臓病のリスクと結びついていない1日1個の卵  
  低炭水化物、低脂肪食、死亡リスクの調査  
  高たんぱく食は動脈閉塞性プラークを増やす:マウスの研究  
  クルミは、腸に良好で、心臓の健康の促進に役立つかも?!  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報