リンクdeダイエット 世界の最新健康・栄養ニュース お問合わせ プライバシーポリシー リンク・著作権等について
ニュース詳細
[子供]  低カロリーの甘味料は乳児のリスクが低いという意味ではない
2020.2.10 , EurekAlert より:   記事の難易度 3
  

妊婦が低カロリー甘味料を摂取すると、子供の体脂肪が増加し、腸内細菌が乱れるようだ、というカナダ・カルガリー大学のラットを用いた研究報告。

研究チームは、雌のスプラーグドーリーラットを用いて、高脂肪・糖分食で肥満を誘導し、その際アスパルテームまたはステビアを水に混ぜて与えた。仔ラットは、通常食でと水で離乳させ、18週まで継続した。

アスパルテームまたはステビアを与えられた母ラットから生まれた仔ラットは、水だけを摂取した母からの仔ラットに比べて体脂肪が多く、アスパルテームは体重も多かった。同様に、生後8週でグルコース不耐症が多く見られた。

母体が高脂肪・糖分食に加えて、低カロリー甘味料を摂取することは、子孫に直接的な低カロリー甘味料の摂取がなくても、特に幼少期の体重調節、グルコース制御、腸内細菌叢の破壊をもたらす可能性がある、と研究チームは結論付けている。

出典は『消化管』。 (論文要旨)      
 「子供」 カテゴリ 最近の注目トピック
  イギリスのベビーフード市場は7年間で急拡大した  
  父親は栄養または運動カウンセリングに紹介される可能性が高い  
  ママと赤ちゃんは母乳を介して「善玉菌」を共有  
  学校での健康的な食事と身体活動環境は小児肥満問題を救う  
  小児期の肥満の経験は11-12歳で心臓の健康に悪影響  
  父親と遊ぶと自制心が育つ  
 
翻訳機能ON/OFF選択
ON OFF
自分で探してみよう
最新ニュース(EurekAlert!)
最新文献(PubMed)
最新健康食品文献リスト
関連ページ
国立健康・栄養研究所
健康・栄養フォーラム
健康・体力づくりと
  運動に関するデータベース
栄養調査情報のひろば
「健康食品」の
  安全性・有効性情報